一問一答問題集[A領域]・[B領域] 好評発売中!

公認心理師 学部科目との高い関連

 一般社団法人日本心理学諸学会連合は、創設以来心理職の国家資格化を活動目標の一つの柱とし、学部レベルの心理学の基礎資格を認定する制度として2008年8月に心理学検定を開始すると同時に、心理職の国家資格化を推進する法制化運動に深く関与し、その成果として2015年9月に公認心理師法が成立しました。公認心理師養成のための学部カリキュラム25科目のうちの多くの科目が心理学検定の10科目と共通性が高いのは決して偶然ではありません。公認心理師を目指す人は、学びの様々の段階で心理学検定を受験し、自身の学習の進度を知ることが次の学びへの大きなステップになるものと思われます。心理学検定が有効に活用されることを願う次第です。

2017(平成29)年12月1日
一般社団法人日本心理学諸学会連合 理事長  子安増生
心理学検定 ≪A領域≫ 公認心理師に必要な科目 心理学検定 ≪B領域≫ 公認心理師に必要な科目

◇原理・研究法・歴史

④心理学研究法
⑥心理学実験

◇神経・生理

⑩神経・生理心理学

◇学習・認知・知覚

⑧学習・言語心理学
⑦知覚・認知心理学

◇統計・測定・評価

⑤心理学統計法
⑭心理的アセスメント

◇発達・教育

⑫発達心理学
⑱教育・学校心理学

◇産業・組織

⑳産業・組織心理学

◇社会・感情・性格

⑨感情・人格心理学
⑪社会・集団・家族心理学

◇健康・福祉

⑯健康・医療心理学
⑰福祉心理学

◇臨床・障害

③臨床心理学概論
⑬障害者・障害児心理学
⑮心理学的支援法

◇犯罪・非行

⑲司法・犯罪心理学
心理学検定 公認心理師(学部科目)
A領域
◇原理・研究法・歴史 ④心理学研究法
⑥心理学実験
◇学習・認知・知覚 ⑧学習・言語心理学
⑦知覚・認知心理学
◇発達・教育 ⑫発達心理学
⑱教育・学校心理学
◇社会・感情・性格 ⑨感情・人格心理学
⑪社会・集団・家族心理学
◇臨床・障害 ③臨床心理学概論
⑬障害者・障害児心理学
⑮心理学的支援法
B領域
◇神経・生理 ⑩神経・生理心理学
◇統計・測定・評価 ⑤心理学統計法
⑭心理的アセスメント
◇産業・組織 ⑳産業・組織心理学
◇健康・福祉 ⑯健康・医療心理学
⑰福祉心理学
◇犯罪・非行 ⑲司法・犯罪心理学

公認心理師に必要である、大学における25科目(学部科目)と関連の高い科目を表しています。
※「②心理学概論」は心理学検定の全科目にかかわっています。
※25科目には他に「①公認心理師の職責」「㉑人体の構造と機能及び疾病」「㉒精神疾患とその治療」「㉓関係行政論」「㉔心理演習」「㉕心理実習」が含まれています。

公認心理師に必要な科目(PDF)
厚生労働省HP-公認心理師法第7条第1号及び第2号に規定する公認心理師となるために必要な科目の確認について-より一部抜粋)

心理研修センターHP

Last Update: 2018/9/6